MENU

睡眠とはげについて

人間にとって睡眠とは生きるために必要な行動の1つですがその大切な睡眠バランスが崩れると一体どのような事が起きるのでしょうか?
日中眠くて居眠りしてしまったり睡眠が思うように取れなくて常にイライラしてしまう、食欲がなくなる、肌が荒れるなど体の中だけではなく外見上にも問題が生じてしまうようです。

 

という事は頭皮にも多くの影響を与えてしまうという事になりますね。

 

日が昇りまた日が沈む、こんな1日のサイクルを毎日繰り返している生き物ですから体のリズムも1つ1つの細胞にしっかり刻まれています。
そのサイクルに変化が起きると頭皮が栄養不足、血行不良、ホルモンのバランスが乱れる事によってどんどん頭皮環境は悪くなるばかりです。

 

俗に言うはげていると言われる人をよく見ると仕事が激務な人だったりストレスに弱い人、食生活や無理なダイエットをしている人が多い事に気が付きます。

 

とは言っても仕事があったり育児中の人、介護中でなかなか思うように睡眠時間を確保出来ない人は多くいますよね。

 

理想的な睡眠は6時間以上と言いますがそれでもギリギリの可能ラインかもしれません。
6時間以下の睡眠しかとれない人や数時間おきに起きなければならない人は困りますよね。

 

では、睡眠が思うようにとれない場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

簡単に睡眠といってもただ眠るだけがいいというわけではなく、睡眠の質が大きな鍵を持ちます。少しの睡眠でも体がしっかりと睡眠をとれた、という認識が出来ればそう深刻に考えなくても良さそうです。
実際、よく眠る人でも無呼吸症候群などの病気で睡眠時間は多いけれど実際の睡眠とはかけ離れた睡眠をとっていますよね。それが原因で著しく体に負担がかかりとても辛い思いをしてしまいます。

 

では質の良い眠りとはどのような睡眠なのでしょう?

 

簡単に説明すると自分の体が勘違いを起こさないこと、つまりこれだけを気を付けたらいいのです。寝る前にゲームをしたりスマホやタブレットの強い光は体を朝だと勘違いさせてしまうかもしれません。多めのカフェインや運動などは体を興奮させてしまうため体が寝る事に反応せず今から活動時間だと勘違いしてしまいます。いざ寝ようと思ってもこれでは思うようには寝れませんよね。

 

自分の体を勘違いさせないようにリラックスをして体をよく温めて眠ると睡眠時間が少なくてもスッキリと起きれますよね。寝室の空気の入れ替えをしておくだけでも眠りやすくなります。

 

質の高い睡眠を取り入れて抜け毛や頭皮の環境を良くする意識が大切です。